糖尿病に悩まされる男性

糖尿病は血糖値が高い状態が続く病気で、一見健康に見える人でも遺伝により実は糖尿病寸前だったということもあります。当サイトではそんな糖尿病の怖さから始まり、予防・なってしまったときの対処などを詳しく紹介していきたいと思います。

糖尿病は一生付き合う病気なのか?

糖尿病は、国民病とも呼ばれるほど患者が多く、現在では予備軍を含めると1,500万人にも及ぶ患者がいるとされ、自分がいつ発症してもおかしくない疾患とされています。又、糖尿病は、外的変化や痛みなどの自覚症状が乏しい疾患であり、気がついた時には既に病状が進行してしまい、脳血管疾患や心疾患などの重篤な合併症の発症リスクを高めてしまう恐ろしい疾患です。
糖尿病は、発症起因により1型と2型に分類されています。
1型は、遺伝要因にウイルス感染などの環境要因が加わり、自己免疫が過剰に働き過ぎ膵臓β細胞を破壊し、インスリンの分泌が行われ無くなる事により突然発症し、糖代謝機能が改善せず病状が進行する特徴があります。1型は、最終的に体内でインスリンを分泌出来無いのでインスリン依存性となり、一生インスリンを補給し続ける必要があります。
2型は、糖尿病患者の約95%が2型とされ、生活習慣などの後天的環境要因によるインスリン抵抗性と遺伝要因によるインスリン分泌障害により徐々に中高年に多く発症する傾向があり、重症化すると1型と同様にインスリン依存性となり一生インスリンを補給し続ける必要があります。しかし、重症化する前に早期発見し、2型の基本治療である食事療法と運動療法、薬物療法を継続する事により、境界領域まで病状が改善出来、非インスリン依存性となるケースも多くあります。
現代の医学では、膵臓のランゲルハンス島β細胞の機能を復活させる事は出来ないので、血糖値を安定させながら一生付き合って行く必要がありますが、ES細胞やIPS細胞の応用によるインスリンを分泌するβ細胞の再生医療の研究が進められています。将来的には、糖尿病を完治させる治療法が確立され、一生付き合う必要が無くなるとされています。